教育内容及び保育内容

1人ひとりの思いをしっかり受け止め、

発達に応じた遊びから、学びに向かう力を育みます。



自然を感じて楽しむ

 

自由な発想で楽しむ

食べることを楽しむ

つながりを大切に